女性が気になる点を調査【キルダケスリムは妊娠中も使える?】

エクスレンダー 妊娠中

 

キルダケスリムは育乳ナイトブラですが、妊娠中や授乳中、産前産後などにも使用して大丈夫か気になりませんか?

 

妊娠中や授乳中にキルダケスリムを使用することでいいこと・悪いことは?

 

産後だけど身体に悪影響はない?

 

女性のカラダとキルダケスリムの関係を調べてみました。

 

現在妊娠中、産後で授乳中の女性でキルダケスリムをつけたい&つけている人はチェックしてくださいね。

 

女性のカラダはデリケート。結論!ナイトブラはつけたほうがいい!

 

さっそくですが、妊娠中や出産後すぐ、また授乳中にキルダケスリムを着用しても大丈夫かどうか・・・の答えですが・・・答えはイエス!

 

むしろ、その時期でこそキルダケスリムを着用することが大切です!

 

その理由は、キルダケスリムは「バストの垂れ」も防いでくれるからです。ナイトブラは最も注目されているバストケアアイテム。

 

妊娠中や出産後を経て、女性のカラダはかなり大きく変化してしまいます。

 

髪が細くなる、妊娠線、歯が弱くなる・・・など、出産後に色々変わった、という女性がたくさんいます。

 

その変化の一つに「バストが垂れる」があります。

 

妊娠初期からはバストがどんどん大きくなり、授乳中になるにつれバストはしぼんでいき、最終的に垂れてしまう・・・

 

妊娠中にバストアップするのは、赤ちゃんにおっぱいを与えるための身体の変化であって、美容的に大きくなるわけではありません。

 

産後に垂れてしまうのは、一気にサイズアップしたせいでバストの皮膚や「クーパー靭帯」というバストを支えてくれている靭帯が伸びてしまいます。

 

一度伸びたものはゴムとおなじで完全に元通りにはなりません・・・

 

それをサポートするため、キルダケスリムを妊娠中、産後や授乳中につけるとかなりの効果を期待できます!

 

急激な皮膚の伸びをキルダケスリムがきゅっとしめてサポートしてくれます。

 

キルダケスリムはしめつけも優しく、苦しくないのでつけていても苦痛にならないのも大きなポイントです。

 

姿勢の悪さにも注意!

 

また、姿勢の悪さもバストが垂れる原因になりえます。

 

出産後、あかちゃんを抱いたり授乳中にどうしても前かがみになってしまい、肩こりなどになってしまいがち・・・

 

その延長線上に、バストが垂れてしまうという恐るべき事態も!

 

しかし、キルダケスリムは姿勢を正す役割も果たしてくれるブラなんです!

 

つけてみると背筋がしゃんと伸びることを実感できます。

 

キルダケスリムは妊娠中や産後につけてもOK!どんどん活用して

 

キルダケスリム、妊娠中などでもどんどんつけちゃってください。

 

ただし、体調が辛いときなどは無理をしてまでつけることはありません。

 

自分のカラダの声をしっかり聞いたうえでキルダケスリムを付けてくださいね♪

 

授乳中・妊娠中のバストケアにもってこいのキルダケスリム、サイズアップ目的だけでなくメリットは様々。

 

公式サイトからキルダケスリムを購入するとかなりオトクに手に入るとか・・・?

 

お財布にも優しい値段でキルダケスリムを購入しましょう☆

 

>>キルダケスリムの詳細はコチラ